長久手からあとは関東に帰るだけ!でもやっぱり「ひつまぶし」は食べておきたい!!「うな幸」に行ってきた【初名古屋シリーズその6】

初名古屋シリーズ

トヨタ博物館を見学し,あとは関東に帰るだけですが,友人Mと別れる前に昼食を取ることに.ここでファミレスに入るのも違うな…よし,ひつまぶしを食べようと店を探しました.

スポンサーリンク

長久手ICにもトヨタ博物館にも近い長久手温泉ごらっせ前の鰻屋「うな幸」

何食べる?となった時に食べたかった名古屋名物は概ね食べて満足していた我々.ならば前回二人だけで食べたからもういいとか言っていたひつまぶしを僕も食べたい!と提案しました.

トヨタ博物館からは長久手ICが近く,ここから関東方面へ向かえばいいので,これ以上名古屋方面へ戻ったりとしたくはないのが現状.近場でいい感じの場所を探します.

すると長久手温泉ごらっせという施設の前にある「うな幸」さんを見つけました.

昼時というのと,人気店のようでかなり人が並んでいました.名前を書いたあとは電話番号を伝えて,順番まで駐車場で待機.なんだかんだ30分くらいで呼ばれました.

立派な個室に案内されました.テーブルもありますし,ここも掘りになっていて,正座が厳しい方でも大丈夫です.

ひつまぶし

これがひつまぶし並.茶碗蒸しや肝吸いもついてきます.

関東のうなぎとは焼き方が違うのでしょうか?ふっくらという感じよりはバリっと仕上げている感じ.ザクザク感がいい感じです.

お茶碗によそって,1杯目.薬味を乗せて2杯目を楽しみます.

最後に薬味をたくさん乗せて,上からだし汁をかけていただきます.うなぎがザクザクしていたのはこのためなのかというくらいだしが染み込んで最高.うなぎの油がだしに流れ出て二度美味しい気分です.

少々高価ではありましたが(うなぎだから仕方ないね),関東で食べる鰻丼や鰻重とはまた違うお料理であることがよくわかりました.ケチらずに食べておいてよかったです.

さて,次は帰宅です.

コメント

タイトルとURLをコピーしました