大島の名物「べっこう寿司」を自宅で再現?!島醤油と鯛のお刺身で作ってみた

料理

大島には名物のべっこう寿司があります.現地で食べた僕はもう虜になってしまいました.なんとか家でもこの味を楽しめないかと思い,今回は島醤油を使って再現してみることにしましたよ!

スポンサーリンク

三原山でも研究に追われていた大島旅行

7月に大島に行ってきました.学会の原稿の締め切りもあり,研究に追われていた私は御覧の通り三原山でもPCを広げておりました…

絶品!べっこう寿司!

そんな三原山登山を終えてから食べた名物「べっこう寿司」は絶品でした.

頂いたお店「寿し光」さんはこちらです

このお寿司,いわゆる漬けの白身魚で作られているのですが,そこで使われているお醤油が少々特殊で,唐辛子を含んでいるものなのです.少しピリッとするのが最高ですね.

宿に戻る前に,スーパーのお惣菜でも買ってしまうくらいにはハマりました.

家でも食べたい…せめてお醤油を手に入れたい

このべっこう寿司,なんといってもお醤油がかなり特殊な食材.家でも食べたいななどと考えていたら,お寿司屋さんのレジで売っていました(笑)

このお醤油は竹芝ターミナルでもお土産として販売されています.Amazonでも会社は違いますが,手に入るようですね.

それではこれを使って家でべっこう寿司を再現してみましょう

漬けを作る

今回は東京愛らんどさんのレシピを参考にさせて頂いてます.

今回は近所のスーパーで安売りしていた鯛の柵を購入.白身の魚はタンパク質が分解されてうまみに代わる速度が遅いので,安売りのものでOK!むしろおいしかったりします.

そしてこれが購入した島醤油です.少し色が薄くて粘度がある感じがします.

白身魚の柵(今回は鯛)1つ
島醤油大さじ3
大さじ1
みりん大さじ1

これらを混ぜ混ぜしていきます.

今回は,”白身の魚”ということで,鮭のお刺身も安かったので一緒に入れてみることにしました.

鮭ってオレンジ色だけど分類としては白身魚なんですよね.

上の方も味をしみこませたいので,ラップで蓋をします.

少し甘めに酢飯を作って丼に!握りに!

べっこう寿司の特徴として,酢飯を少し甘めにすることもあるそうです.気持ち砂糖を多めに入れてみましょう.

まずは2時間漬けて我慢できなくなり丼にしました!マジでおいしい!

そして完全に素人なので恥ずかしいのですが,握ってみました.最高!あの味!おいしすぎる!

これはあのべっこう寿司でした…美味しかった

まとめ

今回は島醬油を使ってべっこう寿司を再現してみました.僕の中ではかなり再限度が高く,定期的に漬けを作っています.ぼちぼち島醤油がなくなりそうなのが悩みですが…また買いに行きますかね.

もちろん大島で食べたあの味は特別なので,またいつか食べに行きたいとは思っていますが,それまでの繋ぎとしてこれを味わっておこうと思います.

次は島醬油に頼らない再現を試してみたいですね.

是非皆さんも試してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました