日帰りで箱根観光!黄金ルートと逆周りで混雑回避!フリーパスを賢く使おう!

旅行記

こんにちは,GTBです.夏にゼミ合宿で箱根に出かけました.13時に合宿所に集合するという制約がありますが,午前中は完全にフリー!箱根観光を一人で十分に楽しむことにしました.

この方法を参考にしていただければ,日帰りで時間のない方も,宿泊する方でなるべく多くの場所を回りたい方も参考になると思うので記事にします.では新宿駅朝からスタートです.

スポンサーリンク

箱根フリーパス

新宿に行く前,オンラインなら前日とかでいいでしょう.購入するべきものがあります.それが箱根フリーパス

箱根フリーパスは小田急が出してるお得な乗り放題切符で,小田急線の駅から小田原駅までの往復乗車料金と,小田原駅以降の登山電車,ロープウェイ,ケーブルカー,海賊船,バスが期間内乗り放題というすごい切符です.

二日券と三日券があります.

これの他に「海賊船・ロープウェイ乗り放題パス」「登山バス・海賊船「芦ノ湖きっぷ」」「登山電車・ロープウェイ「大涌谷きっぷ」」「箱根のりものパス Lite」などがあります.

箱根のりものパスLiteは1日券なので,日帰りの方にもおすすめですよ.

8:11 新宿駅 ロマンスカー はこね3号乗車

新宿から鈍行列車で箱根に向かってもいいですが,時間短縮と旅行気分のためにロマンスカーに乗車します.新宿から箱根湯本まで向かうロマンスカーの始発は7:37発のはこね1号ですが,私はこれに乗り遅れてしまいました.仮に乗れていても駅弁を買う時間もありませんでしたので,ヨシ!

8:11発のはこね3号まで約30分もあるのでその間にホームの売店で何を買おうかと悩みます.ロマンスカーは特急ですが,昨今コロナの影響が最後のきっかけになり車内販売がなくなってしまいました.そのためコーヒーひとつでも乗車前に買っておく必要があります.

車内に乗り込むと完全に旅行気分.ロマンスカーは当日駅の券売機で購入できます.前席指定席なので安心です.

今回選んだ駅弁は「東華軒(とうかけん) デラックスこゆるぎ弁当」税込980円.駅弁の中では安い部類だと思います.こう言った具沢山なお弁当大好きなんですよね.幕の内弁当とか大好き人間です.

一応ゼミ合宿なので,ロマンスカー車内では研究を進めておきます.銀色の飲み物が最高だ!!←

本厚木あたりまでは都会な雰囲気ですが,秦野に近づくと旅行気分が増してきます.飲み物がすすむすすむ!

9:53 箱根湯本駅 到着

箱根湯本駅に着いた時点で10時前,13時に強羅エリアの合宿地にいなければなりません.もたもたしている余裕はありません.

だけどバスまでの少しの時間でお饅頭をひとつ購入.この人形焼のようなお饅頭(?)が好きなんですよ.作業工程が非常に良い.がちゃんがちゃんと音を立てて自動で作られて行くのはずっと見ていられそうです.

さて箱根観光のモデルコースとして黄金ルートというのがあります.箱根湯本から登山鉄道に乗ってぐるっと回ってくるものです.この黄金ルートはとても有名なので,比較的混みます.なので今回は”逆黄金ルート”を使います.目的地が強羅ですからね.

箱根湯本駅は箱根の入り口なのでさまざまなバスが出ています.4番バス乗り場から出ている「(旧街道・甘酒茶屋経由)上畑宿・元箱根港」のバスに乗ります.ちょうど10:10発のバスが出てますからね.

このバス,新国道1号線ではなく,旧街道の方を通るものなので,アップダウンも激しく,かなり揺れます.スマホなどを見るのはお勧めしません.気をつけてください.

なんでこのバスにしたのかといえば,最初のスポット「甘酒茶屋」に向かうからです.

10:33 甘酒茶屋 到着

バス停の名称はそのまま「甘酒茶屋」.バスで20分ほどです.

甘酒茶屋は江戸時代,参勤交代の際の休憩所として親しまれた歴史あるお茶屋さんです.私は忍たまを見て育った世代なので,しんべえがお茶屋さんにやたらと寄りたがるのを見て憧れがありました.幼い頃に連れて来て貰ってからここのファンです.

ここの甘酒は酒粕から作るものではなく,きちんと米麹から作られているのが特徴です.自然な甘さが非常に心地よいのです.温かい甘酒も良いですが,夏は冷たい甘酒もオススメ.スタミナ回復できますよ.

甘酒 400円

土間がベースで,囲炉裏のようなものもあり,かなり雰囲気があります.素敵な空間です.

この後の予定を考えるとお昼を食べておく必要があります.湖のそばで”箱根名物”と名のつくよくある観光地的なレストランに入るのもいいですが,どうせならここで食べておいてもいいかなと思った私はお餅を頼みました.

(奥)力餅 500円

甘酒茶屋のバス停に来るバスは30分に1本.これだけの時間があれば,甘酒を飲んで,お餅を食べるには十分な時間でした.バス停で少し時間を待つ間に抹茶バーも買いました.アイスキャンディーといった感じで,抹茶の濃い味を楽しめると同時にさっぱりしていて非常に良かったです.

11:14 元箱根港 到着

これから海賊船に乗るのですが,ひとつ注意が必要です.この箱根観光の中で唯一事前に調べなければならないこと,それは「海賊船の時刻を調べておく」ということ.鉄道やバスは頻繁にありますし,ロープウェイはスキー場のリフトのようにいっぱいきます.ケーブルカーも20分くらい待てば来ます(これが後で大変なことになりますが).しかし海賊船は本当に本数が少ない!

今回は元箱根港11:30発の海賊船に合わせて逆算的にロマンスカーを選択したという側面もあったのでした.これから桃源台港に向かいます.

朝のニュースなどのお天気カメラで見慣れている芦ノ湖.今日は天気が悪かったのですが,風が吹いて非常に気持ちいい.途中まで最上階のデッキにいて,途中から座席に座って足を休ませていました.

11:55 桃源台港 到着

桃源台は芦ノ湖北側の港.そしてロープウェイの発着駅でもあります.

ロープウェイに乗り換える途中にエヴァンゲリオン初号機が.そう,ここ桃源台はエヴァの舞台「第3新東京市」の入り口なのです.劇中ではシンジくんと梶さんが初めて会う駅として登場しますね.

ロープウェイ,というよりはゴンドラのような乗り物に乗り換えます.

晴れていれば奥の方に富士山が見えるはず…残念.

このあと大涌谷駅で一度乗り換え.私は時間がなかったので寄り道しませんでしたが,ここで降りて大涌谷観光をするのもいいと思います.黒玉子が名物ですね.箱根が温泉地になっている理由がよくわかると思います.自然の雄大さが伝わって来ます.

この時点で12:23,午後は自由に使える時間です.大涌谷によってもよし,箱根登山鉄道で途中下車するのもいいと思います.最後は再び箱根湯本駅に戻れます.ロマンスカーの終電は19:50(平日)です.

ここからはこの旅の顛末を書きます.私はゼミの集合時間に間に合うのか…

12:31 早雲山駅 到着

このあとケーブルカーに乗り,強羅に行く途中の駅で降り,歩いて合宿地に向かう…はずでした.

しかし風の影響もあり,早雲山駅についたのが遅れてしまいました.12:32発のケーブルカーに乗りたかったのですが,もう手遅れ.次の12:46では13時に間に合いません.

これはもう20分かけてこの駅から歩くしかないのです.

ケーブルカーが走るくらいなので,非常に坂は急でしたが,下り坂だったためなんとかなりました.

ギリギリにはなってしまいましたが,13時前になんとか着くことができました.

まとめ

箱根は交通機関が非常に充実しており,車を用いなくても都内から比較的簡単に旅行に出かけて楽しむことが可能です.

是非皆さんも箱根を楽しんで下さい.

宿泊をお考えの方はこちらの記事も参考にしてください.いいお宿ですよ.

コメント

タイトルとURLをコピーしました