第40回記念関東UHFコンテストに参加!430MHzシングルバンドCWオンリーで東京西部からCQ!1都6県全てと交信できました

アマチュア無線

JARL関東支部主催の「UHFコンテスト」.その模様を記録しておきます.

スポンサーリンク

土曜なのに祝日…

2023年2月11日土曜日.土曜日だというのに祝日 建国記念日で全国の社会人,学生が項垂れている中開催された今回のコンテスト.

コンテストは朝9時スタートだというのに,前日は金曜なので浮かれポンチになった私はいつも通り夜更かしをしてしましました.(みんなでシージ楽しいね)

朝起きると8時10分.あぁ…場所取りはもうダメだ…今日はもう寝ようかな…と思いつつ出かけます.

改めて”UHF”ってなぁに?(今回のコンテスト概要)

今回のコンテスト名にもなっているUHF,これはUltra High Frequencyの略称です.定義にもよりますが,周波数で言うと300MHz~3GHzの間のこと.

アマチュア無線では430MHz以降のことを指します.厳密には2.4GHz,5.6GHz,10GHzなんかはUHFと呼ぶには波長が短すぎる気もしますし,マイクロ波のほうが馴染み深い気もしますが.

関東UHFコンテスト規約より引用

今回の参加部門は430MHz~10GHzまでの範囲で電信か,電話電信かを選ぶというもの.えとせとら研究所JS1YFUでは5.6GHzまでの免許が下りていますが,今回は社団局の参加はNG.

JJ1GTB局ではこの範囲だと430MHzか1200MHzしか出せません.しかも1200MHzの装備はハンディ機とハンディホイップのみで非常に貧弱.

今回は珍しく430MHzシングルバンドでの参加になりました.

しかも電話を今回は捨てます.電信のみで挑もうじゃないか.

午前中は全然飛ばないなぁと思ってたら佐倉

無線機を置いている自分の机まで移動.昼ごはんも含めてコンビニで買い物をしてきたところ,お弁当はゼロ.たらこスパゲッティかタンメンしかありませんでした.迷わずタンメンを購入.これはいつか記事にします.

アンテナは窓際にマグネット基台を置いてモービルホイップを設置.果たしてこんなのでどこまで飛ぶのか…ちなみに,このアンテナはコメットさん開発,富士無線ブランドのアンテナです.比較的安価で取り回しやすいので愛用しています.

さて最初はCQを出している局を拾いながら周波数の使用分布の確認です.調布移動で参加した今回,まずは都築や伊勢原,横浜などをガンガンとっていきます.横浜って意外と直線では近いんですね.

と思っていたら9時半を前に全然取れなくなりました.もう少しで聞こえる…でも取れない!もどかしい!!

と思っていたら9時半には千葉県佐倉市と交信.コンテストナンバーを聞いて驚きました.馴染み深い12からはじまるJCCが聞こえてきたので.都内を突っ切っちゃいました.430ってそんなに飛ぶっけ??と思いつつ,相手のアンテナ,出力がきっとすごいのですね.感激.

その後10時頃までは凪状態が続きます.

10時以降は一番QSO数が多かった印象.千葉市中央区群馬県前橋市とも交信できました.群馬まで430で行けるのマジで感激ですよね.これだから無線はやめられない.

そして栃木県日光市でさらに驚き…今回僕が交信した中では一番北の方でしょう.

その数分後には千葉県富津市と交信.これは完全に東京湾を飛びましたね.マジで信じらなくてコントストナンバーを3回確認してしまいました(それだけ信号は弱かったということでもあります.)

奥多摩方面からのQSOは期待できない

片手でTwitter,片手で電鍵をいじっているとこんな情報が目に飛び込んできました.

そう,前日は珍しく関東で雪が積もった日.調布を含めた西東京の都市は朝もまだ雪が残っていました.

高尾山にはこれほどの雪が積もっていたのです.普段なら奥多摩方面に出かけ,マイクロ波を含め様々な方々が移動運用をされているところですが,この雪ではそれは期待できそうにありません.

今回西の地域と交信するのは難しいコンテストになってしまったようです.

午後はのんびり

午後になると午前ほど一度に呼ばれることもなくなります.どちらかと言えば遠くの方,信号が弱い方と何度も何度もコールサインとコンテストナンバーをやっとの思いで交換して局数を1つでも増やし,あわよくばマルチが増えてくれればと願うところ.

この辺りから海老名厚木小田原などの神奈川のマルチが取れるようになりました.

各局ありがとうございました

交信数などの詳細な情報は結果がでるまでのお楽しみにしますが,今回もこんなに多くの地域の方と交信できました.

青い点が運用地です.ご近所は自分のアンテナの力でとった感じがしますが,430MHzでこれほど遠方と交信できたのはCWのすごさと,各地の無線局が持つ素晴らしい設備のおかげでしょう.

簡易的な指向性アンテナとローテータになるような仕組みをこういう時用に製作してもいいかもと思いました.無指向性だとどうしようもないですからね.

結果が楽しみです.

コメント

  1. JO1CRA より:

    QSOありがとうございました。
    日光市霧降高原、標高1330mからでした。
    ちなみに、QSOできたエリアの地図は何かソフトで染めているのでしょうか?
    (作ってみたくなりまして・・・)
    また、次のコンテストでよろしくお願いします。
    https://www.facebook.com/photo/?fbid=5899036330181577&set=pcb.5898886126863264
    de JO1CRA/1

    • JJ1GTB JJ1GTB より:

      こちらこそありがとうございました。
      あの雪の次の日に移動運用されていたんですね…おかげ様で交信ができました。

      ちなみに地図はただのフリーの白地図を手作業で塗っているだけです(笑)人力です。
      またコンテストでも、通常交信でもよろしくお願いします

タイトルとURLをコピーしました