北陸最大規模?!ものづくり博覧会 「NT富山2022」に参加してきた!

旅行記

NT富山というイベントに参加してきました.NTとは”Nico Tech”つまりニコニコ技術部のことを指すようです.全国各地で開催されていますが,今回の開催地は富山!

私自身初めての富山ですが,この機会にお邪魔してきましたよ

スポンサーリンク

参加する前に…

私はしがない大学院生.この時は夏期休業期間中とはいえ,毎週研究の進捗を求められる他,1週間規模のインターンの狭間に位置していました.

こんな僕でも今回のイベントのために何か新しい物を用意したいっ!!

と思いつつも忙しくて何もできないまま迎えた前日.同じサークルメンバーであるぜろω(すーも)がうちを訪れました.

大学のそばのカレー屋さん…というか喫茶店というか,何屋なんだ??とにかく美味しいお店で夕飯を済ませ,

家に着くとこんなことを言い出すすーも

すーも「え,今から新刊書くんですよね」

お前…言ってくれるじゃねぇか…ということで,23時に執筆をはじめ,3時に何とか書き換えました.(我ながらよくやったぜ)

そして朝4時に家を出てほぼ始発の電車に乗り,東京駅へ

6時16分発のかがやき501号に乗り込みました.

うひょぉぉおおおおお~ビールうめぇええええ

激混み駅弁争奪戦を勝ち抜いてゲットした駅弁と銀色のやつで朝から優勝します.この時6時半.朝から飲むビールは最高だぜ!

新幹線,特にトンネルが苦手な私はビールの勢いもあり,この後すーもに起こされるまで爆睡することになります.

すーもはチキン弁当にしたみたいですね.こっちもおいしそうだった.

富山に到着!

富山,どころか北陸って初めて来たんですよね.アマチュア無線でいうところの9エリア.いつかは来てみたいと思っていました.

富山と言えば,友人えんじゅさんのいるところ.彼こそこのNT富山の開催人なのです.今回はインターネットで出会った友人に会いに来た毛色が強い遠征なんですよね.

富山駅を降りると,なんだかんだ時間がありません.なんか私鉄に乗るっぽいことはわかっていたので,とりあえず目の前にいた路面電車に乗り込みました()

出発してからルートを見てみると,路面電車の駅を降りた後16分ほど歩くらしい…え???

はい,まぁそれでもいいんですけど,さすがに大荷物でこれはきつい.電車を間違えました.

すぐに降りて

富山駅まで歩いて戻ってきました.こんなに大きな駅なんですね.きれいだしお洒落でかっこいいじゃん.

偶然なのですが,降りた停留所から本来の私鉄駅「電鉄富山駅」は近い場所にありました.Suicaが使えないので切符を購入.1駅先の「稲荷町」で降りる予定.大荷物の我々を見ると駅員さんが声をかけてくれました.

なんと稲荷町駅は改札すぐのホームと,一度地下道を通って改札に行くホームが存在するそうで,後に出る電車のほうが改札に近いとアドバイスしてくださいました.その差はわずか2分.素晴らしい情報を教えてくださった.マジでありがとうございました.

稲荷町駅はなんともレトロで趣のあるいい駅でした.ベンチが置いてあって,高校生とかここに座って電車待ちながら青春するのかなぁとか想像して勝手にキュンキュンしてました←

奥に見えるアピアが今回の会場です.

NT富山開催!

バックヤードに入るとそこにはえんじゅさんがいました.北陸大学の学生さんたちが入場手続きをしてくれます.

会場では今回の開催サークルである理工学AtoZとお手伝いをしている皆がいました.

開会宣言をするえんじゅさん

我がサークルえとせとら研究所では現地で限界開発を決行

詳しくはまこ研究員の作品なので,彼のアカウントを覗いていただくとして

当時大人気放送中だったリコリスリコイルの曲や

ヤマノススメのED曲

足踏みする特性を生かした様々な曲を演奏できます.さんぽ,いいですね

また私は以前製作したアマチュア無線用のローディングコイルを展示,それの製作記を販売しました.

モノづくりをしている皆さんに触発されて,私も急に限界開発をしたくなりました.

この会場アピアの中には100円ショップが入っています.100円ショップと言えば...そうアンテナ屋さん!はんだごてなどの道具は持ってきていないので,今回はノンラジアルで製作しなければなりません.1本でも”映える”お花…バラだな

ということで

作っちゃいました!このアンテナ,430MHz帯でSWR1.2以下で共振する非常に優秀なアンテナになりました.毎度のことながらアンテナづくりには自信があります.

ステンレス鋼の短縮率,導体棒の太さ,周波数等を考慮してここだ!というポイントを一発で切り出した結果見事に共振!感激です

めかとろ人間がNanoVNAで計測してくれました

このアンテナはのちのコンテストでも大活躍してくれることになるのですが,それは別のお話し…

NT富山参加者の皆さんの作品

「徳」を積んだり

発信器を製作されているロジックよりな作品があったり

北陸大学の学生さんたちもいました

こ,こわい…

是非皆さん,Twitterで「#NT富山」と検索して見て下さい.様々な作品を見ることができます!

みなせとら理工学技術研究所(湊屋+えとせとら研究所+理工学AtoZ)

さて,今回個人的にすごく楽しみにしていた事として,普段仲良くしている友達である湊屋と理工学AtoZの皆に会えること.

理工学AtoZでは3Dプリンタで作られた時計や東方プロジェクトの八卦炉をメインに展示していました.

湊屋ではコミケで新刊を頒布したニキシー管時計や目玉商品のコンデンサ型ヘッドホンを展示していました

やっていることは皆違いますが,仲良くさせて頂いて,一緒にご飯を食べたり,お話しをしたりして非常に充実した時間を過ごせました.

NT富山終幕

主催者えんじゅさんから閉会の挨拶があり,その後パスコンパスさんから名古屋で開催されるイベント「つくろがや」の告知がされました.

11月12日開催なので,興味ある方は是非!

つくろがや!のレポートはこちら

帰宅

新幹線があるとはいえ,関東の家にその日のうちに着くためにはなんだかんだ富山を19時台には出なければなりません.終了後最後まで片づけを手伝うこともかなわず,一足先に失礼しました.

帰りの新幹線ではますずしを頂き,銀色のやつ!を楽しんで爆睡しました(笑)

東京駅に着いたのは22時前.非常に充実した二日間でした.今回あまり富山を感じることはできなかったので,次回富山に伺うことができるのであれば,是非観光もしてみたいと思います.

参加された皆様,そして主催の理工学AtoZの皆さん.本当にお疲れ様でした.

コメント

タイトルとURLをコピーしました