【登山初心者】高尾山に登ってみよう!運動不足肥満の大学院生が突発的にハイキングに出かけた話

やってみた!

高尾山,東京西部に位置し,比較的初心者向けの有名な山,観光地です.東京都の方は小さい頃から登られている方も多いとか.

GWの終わり,大学院に入ったばかりで環境の変化,大量の課題,進まない研究でイライラしていた私は,自然を求めて突発的に高尾山に出かけてみることにしたのです.

高尾山は普段から運動もせず,PCの前で唸っているだけの肥満体型の僕でも大丈夫!

非常に楽しい山だったので見ていきましょう

スポンサーリンク

高尾山はアクセスがめちゃくちゃ良い

新宿から出ている京王線.北野という駅でそのまま京王高尾山線へ直通運転をしています.

高尾山の登山口の最寄りは京王の高尾山口.ここまで新宿から一本で行けるわけです.その時間最速53分.とても気軽に都心から行ける山ですね.390円という値段も魅力的です.

JRで行く場合は,中央線で高尾駅まで行き,そこから京王高尾線に乗り換えれば大丈夫です.

関東近郊の山といえば他に有名どころだと筑波山がありますが,あそこはつくば駅からバスで40分ほど移動しなければなりませんので,移動時間,交通費共大変な場所です.

都心の風景から次第に自然豊かな風景に変わる車窓というのもそれだけで気持ちの良いものです.旅行気分を味わうことができ,テンションが上がりますね.

高尾駅に着くともう東京都であることを忘れるような景色が広がっています.

木でできている駅は自然に溶け込むいい駅舎になっています.改札を降りたらすぐ右に行き,少し歩きます.

観光客向けのお店が並ぶ路地を歩いていきます.小川が流れ,蒼い紅葉が非常に美しかったです.

さらに進むと開けた場所にでます.高尾山薬王院の大きな石塔がすぐに見つかるはずです.奥にはリフト,ケーブルカーの乗り場が見えると思いますが,今回はパス!

自分の足で登ります.

高尾山には山頂に向かう登山道が複数あります.この中では1号路が1番初心者向けとのことなので,こちらを選択.名所も一番回れます.

まずはケーブルカーの上の駅にある展望台を目指します.

どこまでも続くアスファルト地獄

登り始めてすぐに驚いたのは,登山道が舗装されていること.下は土ではないんですね.

展望台に着くまでの半分あたりからギザギザとしている場所があると思いますが,ここは傾斜が結構あります.アスファルトの跳ね返りが強い道,勾配がきつい中,マスクをしながら登るのはかなりしんどかったです.

高尾山の中でここが一番辛く,厳しい場所でした.ここは最悪ケーブルカーやリフトでショートカットできますので,手段としてはアリかもしれません.乗らなかったことを若干後悔しながらなんとか展望台まで登りました.

展望台の名物 天狗焼

登山開始から約1時間.速い方だと40分くらいでここは登るようですが,体力不足の私はなんとか展望台に到着.

着くと焼き団子の美味しい香りが漂ってきました.焼き団子も非常に食べたかったのですが,ここではお目当てのものがあるので我慢!

高尾山名物の天狗焼です!かわいいですよね.

これ鯛焼きの系統のお菓子なんですけど,中身のあんこが少々特殊でして,なんと黒豆でできているんです.

もったりとしたあんこは甘すぎず,非常に美味しかったです.登山中の糖分補給は大事と聞きますから,休憩に是非!

この展望台はケーブルカーの駅の裏にありますが,お店が立ち並んでおり,賑やかな雰囲気です.既に景色も良い感じ.奥にはこの景色を眺めながらのビアガーデンもあるようでした.

電車とケーブルカーでここまできてビール飲む人とかもいるのかも....アリですね

高尾山パワースポットのラッシュ!

休憩を終えて歩き始めると今度は道幅も広く,勾配的にも歩きやすい道になります.だんだん楽しくなってきました.

少し歩くと非常に立派な杉の木が目に入ります.この木は「たこ杉」と呼ばれていて,根っこがまるでタコの足のように見えるからだとか.看板によると450歳を越えているようですね.神秘的な気分になった気がします.

真横には「ひっぱり蛸」があります.このタコを撫でると,ひっぱりだこ,つまり人気者になれるということらしいので,私もなーでなで〜

この先は高尾山薬王院のエリアになります.

灯籠を過ぎると,この高尾山に植樹の寄附をした方々の名前がずらっと並んでいます.北島三郎さんの名前もありました.

途中で分かれ道がありますが,右が女坂,左が男坂です.緩やかな女坂を今回は選びました.

先ほどの天狗焼からもわかるように,高尾山は天狗信仰の地でもあるので,大きな天狗様がいらっしゃいました.

ご利益がありそうな石を潜ったりもしましたよ.

境内が登山道になっているので,このような場所を見ることができます.

ラストスパートです

さて,この本堂の先は石でできた急な階段のラッシュです.ここも辛かったけど,手すりがある分幾分か最初のところよりはマシです.

急すぎて写真を全く撮ってませんね.人も多かったし仕方ないです.

石階段を越えると,今度は打って変わってウッドデッキのような道になります.

ウグイスをはじめとする様々な野鳥の声が聞こえてきて,すごく癒されました.最高.

そして...

登頂!登山開始から2時間で登り切ることができました.非常に良い運動になりましたね.

景色もいい感じ.

とてもよく飛びそうだったので,趣味のアマチュア無線を少々運用しました.5局と交信できましたよ.

山頂はいわゆる「山頂」といった感じではなく,広場のようになっています.ここはちょっと残念ポイントかも.

あれ?急いで下山しないとやばいかも

さて既に15時をすぎています.お腹ぺこぺこで山頂で何か食べようかと思っていたのに,目の前でお店が閉まりました.

そうか,山って16時とかにはもう完全にいろんなものが終わるのでは??

山頂でぐずぐずしている暇は実はないようです.

15時40分には下山を開始.

下山は勢いもつくし,楽しいので調子に乗って元きた道を歩いていたら,行こうと思ってた道に行けませんでした.

帰りは6号路を通ろうと思っていたのです.吊橋とかあって楽しいと聞いていたのに...

でも,鳥たちの囀りが聞こえてきて満足でした.

あっと言う間に先ほどの薬王院の先につきました.山頂よりここの方が景色いい気がします(笑)

この時点で16時08分.この先の看板を見てリフトの運行が16時30分までだと知ります.

うーん・・・リフト使うのもなぁ・・・でもまたあのアスファルト降りるのもなぁ・・・

・・・

・・・

リフトっていいよね!

スキー場ではしょっちゅう乗っていますが,スキー板で滑らない分,どうやってタイミング良く乗るんだろう?とワクワクして乗り場に行くと納得.

ベルトコンベアの上に乗るんですね.

やっぱり結構急だったんだなというのをリフトに乗りながら実感します.

自然の中をゆっくり進んでいくリフトもこれはこれでアリでした.

そうそう,写真に写っていますが,登山靴とリュックサックだけはちゃんと登山用です.急な坂道でしたが,この靴のおかげで靴づれ起こしたり,怪我をすることもなかったです.

でも,周りを見ると中には本当にただのスニーカー,ショルダーバッグの人もいますし,女性の方はワンピースやミニスカート,ヒールを履いて来ている方もいました.

まぁそれだけ簡単な山なんでしょうけど,流石にどうなの?と思う方も多かった印象です(笑)

16:28 下に戻ってきました.これで高尾山終了〜・・・ではありません.ご飯食べてない!!

高尾山名物 とろろそば

高尾山といえばとろろ蕎麦なんだそうです.確かに蕎麦屋が多く,みんなとろろ推し.

ググった結果,このケーブルカーの駅のそばにある「高橋家」さんがダントツで人気なので行ってみることに.

本当にすぐでした.なんなら行きに登山開始した登山道入り口のすぐ横!気が付かなかった

中もいい雰囲気,これは期待が高まる!

冷やしとろろ蕎麦 1000円

頼んだのは冷やしとろろ蕎麦.とろろは大和芋と長芋のブレンドなんだそうです.

蕎麦にもとろろが混ぜてあるとか.食べ応えがあって,喉越しが良いお蕎麦でした.

完食!

店を出たのが16:43,帰るだけだと電車を調べると,48分に電車がでるらしい.

駆け足で駅に向かいました.

総評

普段からトレーニングなどをしていない私でも楽しむことができました.高尾山口を出発して,登って降りて帰ってくるまで4時間.

13時スタートという午後からの行程でも十分楽しむことができましたので,本当に当日急に出かけても大丈夫なところだと思います.

見どころもたくさんあり,飽きません.

登山道もたくさんありますので,今後も出かけて別のルートで山頂を目指してみるのもいいかもしれませんね.

コメント

タイトルとURLをコピーしました