【簡単改善】Windows11 にしたらVPNが遅い!繋がらない!コントロールパネルで設定を変更して接続速度を改善しよう!

技術

最近Windows11 にしたところ,ある日急にVPN接続時に回線が不安定になってしまう事態になりました.

こんなことWindows10時代にはなかったのに,なぜだろう?ということで今回はUDP チェックサムのオフロードを無効化する方法を載せます.

スポンサーリンク

コントロールパネルからネットワークの設定を変更

まずWindowsのスタートメニューからコントロールパネルを開きましょう.

コントロールパネルから「ネットワークとインターネット」を選択します.

その後「ネットワークと共有センター」を選びます.

「ネットワークと共有センター」において,左サイドにある「アダプターの設定の変更」を選びます.ここまでのパスは「コントロール パネル\ネットワークとインターネット\ネットワークと共有センター」です.

UDP Checksum Offloadを不可にする

アダプターの設定を開くとこのような画面になります.VPNではなく,地震が接続しているネットワークのディバイスを右クリックして,プロパティを選択します.

そこから「構成」を選択してください.

「詳細設定のタブ」から「UDP Checksum Offload(IPv4)」と

「UDP Checksum Offload(IPv6)」という項目を「Disabled」にしましょう.

まとめ

あくまでVPN接続に問題が発生した時の一例として紹介しました.もちろんこれ以外にルーターやそもそもネットワーク接続に問題がないか,パソコンの接続方法に問題がないかなどを確かめてください.

それでもなお解決しない場合は,こちらの手段を試してみてはいかがでしょうか.

私は普段大学のVPNに接続して研究等をしていますが,突然サーバーに接続できず困ってしまいました.

こちらの方法で解決したので備忘録として記録しておきます.

【参考】Windows 11からSoftetherVPNへのL2TP/IPSec接続不安定について

コメント

タイトルとURLをコピーしました